50代 女性 主訴 仕事を始めてからの首・肩・背中のハリが劇的に改善!

介護職の仕事を始めて、首・肩・背中の痛みが

気になっていてそのままにしていたら症状が徐々に強くなり、

仕事に支障をきたして周りに迷惑がかかりそうだったのでネット検索の後、来院。

症例をご覧ください

問診表より

問診風景

いつ痛みが出たのか

→仕事を始めた20年以上前から、

詳しくは覚えていない

具体的な理由があれば

→1日中車に乗っている事がある

仕事で前かがみ姿勢が多い

何をすると痛いですか?

首・肩ー前に倒す時・朝、起き上がる時・

顔を洗う時・後ろを振り向きずらい・同じ姿勢が続くと辛い

特記事項

治療院が初めてなので不安がある

こちらの所見

身体の状態

動作時

首:前屈(+) 左右回旋制限(+)

起き上がる時(+)洗顔動作(+)

肩:結滞動作(+)

特に起床時や、立位姿勢が続くと症状増悪する。

筋緊張

首・肩:僧帽筋(+)肩甲挙筋(+)

胸鎖乳突筋(+)

棘上筋(+)三角筋(+)

圧痛(押して痛い)

僧帽筋(+)肩甲挙筋(+)

棘上筋(+)脊柱起立筋(+)

診察結果

検査

筋疲労の積み重ねにより姿勢が崩れ

猫背姿勢(頭部前方・肩関節内旋位・骨盤後傾)になった結果、

  • 頸 部
  • 肩 部
  • 背 部

に過度に負担がかかり筋繊維に損傷が起きた。

又、肩部と背部の筋肉の硬さにより

猫背傾向となり骨盤が後傾し関節の動きに障害が生じている。

痛みの原因となっている

頸部・肩部・背部の筋緊張を取り除き

関節の正常の動きを取り戻し、良姿勢を作り上げていく。

初回施術

トムソン

施術内容

トリガーポイント指圧

(特に緊張が強かった肩甲挙筋+棘上筋+脊柱起立筋+中殿筋を中心に指圧)

+

トムソンベッド(矯正専用の特殊ベッド)

(頚椎・胸椎・肩関節・骨盤にアプローチ)

 

施術後・・・

関節のつまりや筋緊張が和らぎ

「立位姿勢が楽になった!」

「背中のハリ感が少なくなった!」

痛みは軽減も、

振り向く時の首のひっかかり感は残存。

 

2回目の施術

経過

今朝はスムーズに起き上がる事が出来て、

洗顔時や歩き始めの痛みも軽減。

しかし、料理をするときの長時間の立位姿勢や、

後ろを振り向く時のひっかり感は残存。

 

施術内容

トリガーポイント指圧(全体的に指圧)

+

トムソンベッド(矯正専用の特殊ベッド)

(頚椎・胸椎・肩関節・骨盤にアプローチ)

 

施術後

「姿勢を保つの楽になった!」

「姿勢が安定している気がする!」

後ろを振り向く動作のひっかかりが改善が見られた。

5回目の来院(1週間に2回のペース)

矯正

経過

施術後は調子が良いが次の日には戻ってしまう。

しかし、起床時・振り向く動作・洗顔時には痛みは

でなかった!

施術内容

トリガーポイント指圧

(全体的に指圧)

+

猫背矯正

(肩関節内旋位の解消と腹式呼吸で腹圧を高め姿勢安定しやすくする)

 

施術後・・・

「目線が高くなった気がする!」

「背筋が伸びて呼吸がしやすくなった!」

次回から、姿勢の癖付けの為筋肉トレーニングを始める。

8回目(1週間に1回のペース)

楽トレ

経過

ほとんど、支障なく生活が送れている。

しかし仕事や料理で長時間立位姿勢が続くと

首・肩のハリ出現してしまう。

 

治療内容

トリガーポイント指圧

(全体的に)

+

猫背矯正

(肩関節内旋の解消)

+

楽トレ

(インナートレーニングにより、姿勢の安定を図る)

 

施術後・・・

「姿勢の安定感をすごく感じる!」

今の姿勢が凄く楽

筋緊張も消失し、

頭部前方・肩関節内旋・骨盤後傾も改善が見られた。

12回目(1週間に1回のペース)

トムソン②

経過

仕事中も気にならなくなったとの事。

仕事も身体が軽くなったおかげで

スムーズに動けますと

喜んでいらっしゃいました。

 

治療内容

トリガーポイント指圧

(全体的に指圧)

+

骨格矯正(トムソンベッド)

(頚椎+胸椎+骨盤メインにアプローチ)

+

楽トレ

(インナートレーニングにより、姿勢の安定を図る)

 

施術後・・・

「身体が良い状態ってこういう状態なのね」

と笑顔で仰って頂きました。

 

本人と相談した後

症状消失したが猫背改善をしたいと希望があった為、今後も根本治療を進めていく。

身体のケアを行いながら、

仕事ができる事に安心の笑みを浮かべながら帰られた。

先生からのメッセージ

先生からのメッセージ

仕事による長時間の前傾姿勢で猫背になり、腰の負担を減らしてくれる股関節にも硬さがあった為、腰の痛みが生じ、歩き始めや長時間の立位姿勢そして首と肩と背中のハリにまで影響を及ぼしてしまいました。

無意識に猫背となり、脊椎の負担となったまま日々過ごしていたことで、知らない内に筋繊維を傷つけてしまっていたんですね。

今回、来院して頂き「痛みの原因」であった「姿勢の歪み」「筋肉の柔軟性の低下」「関節の硬さ」を説明させて頂き、根本的に治療を行っていくことで、患者様の症状はもちろんの事今後の仕事への不安も減らすことができました。

ただ、仕事続ける以上筋疲労をなくす事は難しいので日々の筋疲労を溜めないよう、ストレッチや適度な運動心がける事が重要です。

肩の痛みについて詳しくはこちら

肩の痛み

この記事に関する関連記事